レジを導入するためのポイントや金額を知ろう

レジ情報.net

導入の金額や注意点を確認

POSレジを導入するときには金額や使い勝手が気になるでしょう。タブレットにアプリをインストールして使うようなPOSレジは初期費用を抑えたい場合に便利です。ただ、金額だけで決めてしまうと業務と相性が悪くなる場合もあるので、導入するときにはいろいろな面を考慮しましょう。

POSレジの導入で考慮したいポイント

初期費用はいくらなのか

タブレット型のPOSレジの場合はアプリとは別でタブレット本体の購入費が必要です。POSレジ専用機の場合は工事費や設定費がかかかることがあるでしょう。タブレット型の方が初期費用は低くなっていますが、機能が制限されてしまうことがあります。

月額費用とその他の費用

どのような機能が必要なのかで月額費用が違ってくるでしょう。例えば、より多くの店舗でつかえるものを導入する場合やたくさんの商品を登録して使う場合など、月額費用が高くなります。他の費用というのは周辺機器を揃える費用やクレジットカードの決済でかかる手数料、サポート代金などです。

導入する目的の把握

便利だからといって多機能すぎる物を導入してしまうと費用がかかったり、使わない機能のせいで使いづらくなったりしてしまいます。どのような目的で利用するのか、そのために必要な機能はどれなのかということをきちんと把握して選ぶことが大切です。

誰でも使いやすいのか

POSレジを使うのは店舗で働く従業員や、メニューを選択するお客様です。たくさんの人が使用することを考えて操作性がしやすいものを選ぶことが大切になるのです。タブレット型の場合、それぞれの業種に特化して作られたアプリを選ぶこともできるでしょう。

保守体制のことも確認する

POSレジを導入したら、その後に運用や保守する必要が出てくるでしょう。他のシステムと連携させたくなったというときや新しくメニューを使いするときに運用できる人がいるのかを確認しましょう。また、そういった人がいないときはサポートをしてくれるところを選ぶ必要がでてきます。

注意点と金額

店員

POSレジの種類と金額を知る

POSレジにはアプリをインストールして使うタブレット型とスーパーやコンビニでよく見かけるターミナル型、パソコンと周辺機器を繋いでシステムをインストールするパソコン型、飲食店や発注業務でよく使われるハンディターミナル型などがあります。それぞれのコストや特徴を理解しましょう。

ターミナル型のPOSレジ

このタイプの初期費用は一台で50万円以上と一番高くなっています。しかし、すでに必要な周辺機器はほとんどセットされており、一番機能性に優れているタイプです。機能性が良いので大型の店舗や大きなチェーン店に向いています。

パソコン型のPOSレジ

こちらもターミナル型のように高機能なのが特徴です。また、パソコン本来の使い方で使用することも可能でしょう。初期費用は一台約20万からです。揃っていない周辺機器を揃えておく必要があります。こちらも大きな店舗やチェーン店で活躍するでしょう。

ハンディターミナル型のPOSレジ

コンパクトで持ち運ぶのに便利なタイプのものです。耐久性があることと電池やバッテリーの持ちが良いという特徴があります。こちらも必要な周辺機器を揃えなくてはいけません。初期費用は一台10万円前後から導入することができます。大型店で使うよりも中型や小型の店舗で用いられることが多いでしょう。

タブレット型のPOSレジ

こちらはコストが一番低く、スペースを取らない点が便利なタイプです。初期費用はアプリやシステムの費用によるため0円からでも導入することができるでしょう。ただし、端末の本体代や周辺機器代が別で必要となります。ターミナル型と比べるとつかえる機能は少なくなりますが、各業務に特化したアプリを使うことができます。

新着情報

初期費用やレジの種類を確認して導入する

店員

注意点と金額

POSレジを導入したいと思ったら、いろいろな面を考慮して選びましょう。導入する時の目的を明確にしないと使わない機能の物を選んで高い費用を払うことになってしまいます。また、種類を知りその特徴や初期費用を把握しましょう。

READ MORE
広告募集中